誰かに手紙を書きたくなる文月ですね。
今年も後半に入りました。お元気でいらっしゃいますか

お世話になっている方から、玉蜀黍が送られてきました。夏を感じます。

昨日は、大祓い、氏神様の元へ行かれた方が多かったでしょうね・・

武蔵一宮氷川神社さんから、絹のマスクをいただきました。勿体なくて使えません・・

本日も色々と重なりました。

街の有志で立ち上げた、(仮)さいたま幸せ未来基金

趣旨文を抜粋
広い関東平野の中心で武蔵野と荒川の恵みに守られ、日照りも多く災害も少ない地と言われてきた私たちは、昨年は台風19号による水害、今年は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出され新様式を伴う生活、地域経済の再生が重くのし掛かりました。「環境・社会・経済」の情勢が大きく変化する中で、地域課題はより一層多様化、複雑化し、これまで以上に「行政と市民」「市民と市民」が協働しあい社会的な課題を解決することが必要になってきています。私たちは行政に頼り過ぎた「お任せ型」の民主主義的な考え方ではなく、自らも住む、働く、ゆかりのある地域に感謝をしつつ、懐かしい過去からの学び、未来に生きる子供達のために自ら寄り添って公共を担っていく「参加型」の民主主義へ成長するべきだと考えております。

そこで、地域社会の健全な発展を実現するために、国連が定める持続可能な開発目標SDGs、環境省の掲げる地域SDGs(地域循環共生圏)の考え方を踏まえ、地域の課題として次世代を育てる活動、地域の世代を超えた交流の場づくり、商(あきない)から生まれる助け合い文化、社会的に意義のある活動などを生かしながら、志民ひとりひとりの「心」がこもった志のある志金(お金)を集め、その貯金箱となる「(仮称)さいたま幸せ未来基金」を設立することと致しました。
発起人一同

この後は・・社内ミーティングが続きました。7月21日 土用の丑の日、鰻の販売が決定です。

そして、7月末から2週間、ビアガーデンを開催致します。順次お知らせ致します。

夕方は、大宮cityロータリー 2020-2021年度 初例会でした。
第3グループ6クラブの会長はじめ、渡邊和良パストガバナーなど多くのお客様を迎え、生貝年度の船出です。

ソーシャルディスタンスの元、ひとテーブル4名がけで、お部屋も広く使用しました。

 

 

お食事は、通常はビュッフェスタイルですが、暫くはふた付きのお弁当スタイルに変更です。

渡邊和良パストガバナー

 

仲間から、新鮮なキュウリをいただきました。

そして、

終了後、清水園2階シャトレーにて新旧会長を囲み、懇親会を開催しました。

この時期ですので、自由参加となりましたが、クラブの中でも親しいメンバーが集まってくださり、

そして、渡邊和良パストガバナーまでお付き合いくださいました。ロータリアンからすると、パストガバナーとご一緒させていただくのは大変貴重な事で、感激の乾杯となり、素晴らしいひと時を過ごしました。

途中でお帰りになられる年配の会員さんから、沢山のケーキをご注文いただきました。

重いので、お持ち帰りも大変だろうなあ・・と思っていたら

なんと、『プレゼント』と仰り、清水園ケーキをいただきました

 

自分(清水園)のところの商品を購入してくれて、目の前でプレゼントしてくださるのは、なんとも粋ですね。

ショコラなので、よく冷やしていただきます。

 

 

本日は、親友のお店、むーんしゃいん の周年記念でした。

生憎、本日は行けませんでしたが、お花をお贈りさせていただきました。

亡くなったお父様の跡を継ぎ、大宮で43年続けてらっしゃる中華バル。

この度、お母様がご勇退。少し寂しい気持ちですが、新しい44年目の門出をお祝いできてよかったです。

 

今日は半夏生です。そろそろ梅雨も明ける時期ですね。
これからやって来る暑い夏に向けて、ご自愛ください

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31