お花屋さんに、カーネーションが並ぶ時季となりました。
もうすぐ母の日ですね

清水園フルールミセナは元気に営業中です。

 

毎年、お友達から配送でのご注文をいただきます。

都内に引っ越してしまったのですが、『今年も・・』と、嬉しいlineがはいりました。

そして、

花スタッフから、『ご注文のお花の写真です!』と、私に送られてきました。

 

ご本人に転送をすると、とても喜んで頂けました。
そんな花スタッフの報告、私も嬉しかったです。

私は、母の為にフルールミセナで購入したお花を、リビングの花壇に植えました。
喜んでもらえた様です。

 

よく、フルールミセナの名前の由来やお花屋さんをやっている意味を聞かれます。

母(弊社社長)の母親(道上小枝)が、生け花の家元で、フランスで、ブーケ・ド・フランスの主宰をやっておりました。

※写真は、私が20歳頃なので、大昔のものです。

サングラスに、毛皮の帽子、当時はとてもハイカラでした。

若い頃は、陸上のオリンピック選手だったそうで、70歳過ぎても、一緒にプールに行くと、飛び込みをするくらいアクティブな祖母でした。99歳で他界。

祖父(道上伯)は、49年間フランスに住んでいたのですが、途中、家族をフランス国へ呼び、一緒に生活をすることに。
母は、パリ大学に在学中、結婚をし、大宮へお嫁に
祖母は祖父と暮らしていたのですが、途中でフランスから日本へ帰国しました。

日本にフランスブーケを広める為、下北沢や新宿でお教室を開講しました。
それからは、我々もいつも花のある生活でした。
今いるフルールミセナのスタッフは、祖母のお弟子さんでした。素敵な繋がりです・・今では掛け替えのないスタッフです。

ミセナは、清水園のブライダルコーディネートや館内外全ての花、、様々な式場さんの会場コーディネートから他所で挙げられる花嫁さんのブーケなど、幅広く活躍しています。

直接市場に買い付けに行くので、お花も丈夫で長持ちすると定評があります・・と、スタッフを褒めだすときりがないので・・この辺で・・また、宜しくお願いいたします。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930