暖かな陽射しに誘われて、春を探しに出かけました。

 

最近、虎ノ門の叔父(道上商事株式会社代表取締役社長・ミチガミワイン)に頻繁に会うようになりました。

私の幼少期は、清水園の中に自宅があり、お嫁に来た母親の弟である叔父が、まだ暁星学校に通う学生だったのですが、両親はフランスに住んでいたので、叔父も一緒に清水園に住んでいたそうで、私は叔父にとっても可愛がられて育ちました。

私の両親が忙しかった為、叔父に連れて行ってもらった遊園地や旅行の思い出ばかりです。
叔父が居なかったら、きっと私は不良になり、今の自分はいなかったのだろうなぁとよく考えます。
それほど、影響力のある叔父です。

熱海でホテルもやらせていただきましたが、表向きは私が女将、経営や生活の全て、叔父に面倒を見ていただきました。
今もなお、MICHIGAMI Wineを卸して頂いたりとお世話になっています。

そんな叔父に、先日、不思議な方をご紹介いただきました。

 

心で感じたことをお告げくださる、女神様のような方でした。

 

清水園には、水の神様がいらっしゃるそうです。

武蔵一宮氷川神社から清水園まで結界があり、永い間、氷川神社の神様に守られていること。

県外から見え、初めてお会いした女性が、氷川様がまさに水を大切にされていることや、清水園の事もなにも知らないはずなのに、言われた言葉言葉にはとても驚きました。

ご先祖様が培ってきた精霊、水の恵みがあるはず・・
今はふさがっているので、水が呼吸をしたがっています。と。。

まさに、その通りでして、昔は何個も井戸水がありました。30年以上前に増築改装をした時からふさがっている井戸。。
翌日すぐに調べると、隠れた場所に井戸があり、開けると、弱っていた井戸が一気に呼吸をし始めました。
永い年月閉ざされていたのに、透き通った水が、かなり、か細い様子でした。
そして、翌日また開けると、今度はごぼごぼごぼと、音をたてて、井戸がうなりだしました。

そして、そのお水を、梅の木にかけると良いことがおこりますよ、と仰られたので、いまでは毎日梅の木にお水をあげております。

あれから何日経ったのでしょう、本当に良いことがたくさんおきました。

その、ご紹介いただいた女神様(私が心の中で勝手にそう呼んでいるだけですが)は、宗教的な方でも、営利目的でもなんでもないです。

ただただ、お口から発する言葉が全て驚くことばかりで、一生涯忘れられない日を過ごしました。

ここ数日、氏神様(氷川神社)だけではなく、なんとなく様々な神社さんに呼ばれている気がして御参りをしています。
武蔵一宮氷川神社権宮司がよく仰られる、八百万の神、多種多様な数多くの神という意味で、森羅万象に神を感じる日本古来の考え方、海の神、山の神のような自然界や自然現象を司る神々、商売や学問の神々、縁結びなど人間関係の神などすべてに神が宿ることにリンクし、毎日出来ること、井戸の換気と、梅の苗木に水をあげております。

 

大昔の清水園の中庭のお写真です。池や滝がありました。

懐かしい・・幼少期は、この池に入り、鯉をつかまえて遊びました。

叔母の幼少期

中庭の滝

家紋入りのこの石だけは残っております。改装の時に、両親に、これだけは残したいとお願いした覚えがあります。

 

今日はご先祖様に感謝、女神様、両親、叔父、たくさんの皆さんに感謝の想いでいっぱいです。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930