menu

清水園の和装・白無垢

和装・白無垢

髪結い・飾り

綿帽子

角隠し

花かんざし

ちょっと豆知識

【白無垢】
白は心身の清浄潔白を表す色。神に仕え、神を奉る「結婚」にふさわしい色として、また、嫁ぎ先の家風に合わせ、 どんな色にも染まるという意味があります。打ち掛け、掛け下、帯、下着、小物に至るまで、全て白一色に整えます。 挙式では、角隠しか綿帽子をかぶります。


【角隠し】
昔、女性が寺参りに用いたかぶりものを指しました。長方形の白絹を頭にかぶせ留めたもので、 現在、挙式の時に花嫁がかぶる頭飾りとなりました。披露宴の時にはこれを外します。


【色打ち掛け】
白無垢以外の打ち掛けのことで、これも和装の正式な式服です。昔、武家の女性が礼装として用いたものです。
金彩・箔・手刺繍を施し、豪華で華やかな雰囲気があるので、披露宴のご入場の際やお色直しに着用される事が現在の主流です。

 
このページの一番上に戻る