本日は・・大宮東口駅前周辺の新年祝賀会でした。

 

大宮銀座通り商店街さん・住吉通り商店街さん・一番街商店街さんです。

商店街の新年会というのは、いつも賑やかなのですが
今回は合同ということで、例年以上に盛り上がっていました。

獅子舞に御囃子・・
お正月らしくて良いですね

 

今日は弊社社長が、さいたま観光協会の会長としてお招きいただきました。
全国商店街おかみさん会理事長もつとめておりますので、私もよく「商店街の在り方」を考えます。

商店街ならではの役割。

とにかく、人に街を歩いてもらう。声をかけあう、人の見える街づくりは、防災や防犯に繋がると思います。

商店街の活性が街の元気につながります。
Amazonや大型スーパーがあるこの時代になぜ商店街・・と若い世代の人々は思うかもしれません。
でも、対面販売という、お店とお客さんの心のつながりを生むものなんですね。
先日、仲良しの酒屋さんと歓談中、私が何年も前に購入したお酒の銘柄を覚えていて下さり驚いたことがありました。

商店街では、ただ単に物を買うのではなく、お店の人とのコミュニケーションを楽しんだり、アドバイスを受けたり・・
忙しい世の中だからこそ、少しのゆとりを意識して生きたいと、私は感じます。

ご来賓は、同じ町内会の立憲民主党代表や、内閣委員会委員長、国県市会議員さん達がご出席でした。
通常、お偉いさん達がお揃いになるご宴席では終始厳粛なまま終わったりもいたしますが
商店街、自治会のみなさんの和やかで楽しそうな雰囲気に、政治家の先生方も笑顔が多く、楽しそうなご様子でした。

商店街の元気が、国経済の活力の維持や強化に繋がる・・志しはみな同じということですね。

 

商店街のみなさん、いつも元気をありがとうございます。

 

 

あけましておめでとうございます。

 

仕事始めですのであらためて・・

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで弊社は今年創業149周年を迎えます。

一企業の努力だけではカバーしきれない世界的な流れの中にあって、あらゆる業種の企業が非常に厳しい状況に直面しています。

私たち社員一同も、「お客様に喜んで頂く」という基本に立ちかえって、地道に、ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

 

年初めのお客様は、昨年に武蔵一の宮氷川神社さんへ、狛犬をご奉献された、武蔵野銀行さんでした。

地元に愛される銀行さんです。
今朝も神社に参りましたが、狛犬の前での参拝客の撮影が、とても多かったです。
今どきのインスタ映えといいましょうか・・
その2頭の狛犬ですが、片方が「狛犬」で、もう片方は「獅子」だそうです。
口を開けている阿形が獅子で、頭に角があり口を閉じている吽形(うんぎょう)が狛犬だそうです。

 

昔から、獅子舞に頭を噛まれるとご利益がある、狛犬の足をなでるとご利益など聞きますが
石をなでる参拝者も多かったです。

新しい埼玉の観光スポットが増えました♪

 

 

あたたかい春が来るのを待ちわびています。

今年も明るい一年でありますように・・・

大晦日の0時を過ぎてから、武蔵一宮氷川神社へ初詣に行き、元旦から三日目・・
お節はいただきましたが、お屠蘇や雑煮も頂かず、ただただ家でのんびり過ごしました。
昔から、三が日はとにかく火や水を使う事や掃除をすることは、神様を追いだしてしまい、その年の運も一緒に追い出してしまう事で縁起が悪いとされているそうです。
それを理由に、何もぜずずっと読書三昧でした。

 

松下政経塾の方によく出会うので、松下幸之助さんの本を読見返しました。

その中に響くお言葉が・・

「竹に節がなければズンベラボーで、とりとめがなくて 風雪に耐えるあの強さも生まれてこないであろう。
竹にはやはりフシがいるのである。同様に、流れる歳月にもやはりフシがいる。
ともすれば、とりとめもなく過ぎていきがちな日々である。
せめて年に一回はフシを作って、身辺を整理し、長い人生に耐える力を養いたい。そういう意味では、お正月は意義深くて、おめでたくて、心もあらたまる」
「(・・休みは盆と正月だけで早朝から夜遅くまで働いていた丁稚奉公時代を松下幸之助さんが振り返って) もし自分が社会の一員としての連帯感をもっと意識していたならば、自分の時間などなかなかもてなかった当時の環境にあっても、いろいろな手段でもっと自分の人格を高めるとか、教養を身につけるとか、工夫ができたはずだ」

一年の計は元旦にありといいますが、

ゆっくりした時間の中、
本当に大切なもの、本当に必要なものが見えてまいりました。

心新たに身辺整理と、心を鍛え
三が日が過ぎたら、また断捨離をしようと思います。つい、ためがちな物も、思い出は心の中へ・・

 

明日から仕事始めです。

 

一月一二日は、清水園ブライダルフェアになります。

 

今年も佳い年でありますように。

皆さまの幸せをお祈りしています。

明けましておめでとうございます。

穏やかな新春をお過ごしのことと存じます。

 

昨日は、テレビ埼玉さんのお正月目玉番組

埼玉政財界人チャリティ―歌謡祭』の放映日でした。

弊社社長は、初回から28回の最多出場です。

再放送は、一月の六日になります。

 

本日は・・朝から本を読んでおりまして、気が付くと外出もせづ2日間が過ぎておりました。

会社は休館なのですが、スタッフは三が日も出勤しておりますので、清水園に行こうと思いつつ、いつの間にかこんな時間に・・

でも・・のんびりさせて頂きました。

お掃除をしたり、お着物の手入れをしたり、ゆったりとした時間というのは大切ですね。

 

ふっと 昨年の夏を思い出しました。

昨年を振り返り、何人かの方から

『今年一番印象に残ったのはうなLadyって、言葉でしたよ(笑)』 と言われました。

こちらは日本養殖新聞さんの記事でした。

私もインパクトのあるキャッチコピーだと感じましたが、まさか一年で一番とは・・(笑)

2019年も、楽しいことわくわくする事ががたくさんあれば良いですね

 

昔は・・楽しいことを探し待っているばかりでしたが、これからは作っていかないといけないと思います。

毎日を過ごす会社や家で楽しむこと・・

 

年明けの出勤が楽しみです。

 

 

 

キラキラと輝く一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。

(午前1時 武蔵一宮氷川神社にて)

清水園御節

 

1月1日 元旦 19時〜21時30分

テレビ埼玉 第28回 埼玉県政財界チャリティ歌謡祭に弊社社長が出演致します。

CM  https://youtu.be/IzGTN56I56c

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

平成三十一年 元旦
清水園常務取締役 清水清津里

2018年は、良い人達との出会い・・絆が深まった年でした。

いままでは、多少人見知りの性格が災いし、広く浅くのお付き合いでしたので
真剣に人と向き合い語ることが苦手でした。
会社にいれば、毎日必ず数百人の人とお会いするわけですが
それでもお話しを出来るのはほんのわずか・・

今年は思いきって人様に深く入り込んだ一年だった気がします。

出会いというのは、人を育て人を成長させてくれます。
私もたまに若い方々から
『出会てよかったです』『出会えたことで人生が変わりました』
と言っていただくことがあります。
『なにもしていないけど・・』とは思うのですが
出会ったことで、なんかしらの影響を与えられているのなら嬉しいことです。
微量なりとも人の持つパワーを感じとれることがすごいことですね。

先日、ラッパ我リヤQさんから、kenkenさん(RIZE)とのトークショーにご招待いただきました。
kenken氏の生き様は、大変興味深かったです。

ムッシュかまやつ氏との出会いにより、様々な影響を受けたこと

年の離れたムッシュ氏とkenkenさんが同じバンドをやろうという矢先・・
医師から余命1~2年の宣告、『だから無理だよ』といわれつつ
『5年寿命が延びた。音楽ってすごいなぁと感じた』と仰っていました。

その色々なお話しを引き出すQさん、
終盤になり
『実は昨日友達がくも膜下出血で亡くなってしまい・・』と
仲が良かった友人の突然の不幸にもかかわらず、次の日は主催トークショーを盛り上げる立場
存じ上げなかったとはいえ、微塵もそんな様子をださず・・前日や直前まで私に連絡をくださったQさん、感謝です。

 

その後は、楽しみにしていたミライノオトさんの年の瀬ライブでした。
弊社のCM挿入歌などでもお世話になっている会社さんです。
好きな所属アーティスト達が代わる代わるLiveを披露
十分インプットされ、今年一年の幕を閉じました。
来年の新たなスタートが楽しみです・・

ミライノオトさんも、Qさんも
ご自身がアーティストであり、主催者producerである裏方・・
構成を考え、どうやったらお客さんに楽しんでもらえるか考えていること

我々も、新郎新婦さんやお客様の晴れの場をお手伝いする裏方
どうやったら主役や列席者皆さんの居心地の良い時間を提供できるかを考えるお仕事
Liveやトークショーを楽しみながらも、大変勉強になりました。

良い出会い、そして波長の合う人同士の引き寄せはとても自然で

職業や年齢性別の壁などはなく
これこそ素敵な人生だなぁと感じました。

出会いに感謝です。

今年もありがとうございました。

大掃除も終わり、ほっと一息ついているところです。

これで気持ちよく新年を迎えることができそうです。

 

本日は、清水園大掃除・忘年会でした。

今年は360日くらいは会社におりましたが、それでも裏方さん達と毎日顔を合わすことはなかなかないので、年に一度の忘年会をとても大切にしております。

今年一年の締めくくり・・お掃除後に五十嵐写真館さんが、集合写真を撮影してくださいました。

ガードマンさんやお休みスタッフ、外で花売り最中のスタッフが入っておりませんが、皆一段落をしたところでビックスマイルです。

忘年会は、清水園新CM動画の発表からはじまり、https://youtu.be/IzGTN56I56c 

社長挨拶

私の乾杯の発声は大杯が用意されていました・・

チームごとに、宴会芸やゲームを披露

今年は、清水園協力会さんがくじ引きの景品をご用意してくだいました。

一等賞に、ディズニーペアチケット2組、サンリョーピュ―ロランドチケット、自転車などなど・・

みんな喜んでおりました。ありがたいです・・

20代から70代のスタッフが、みんな一緒になって一年の労を労いながら語り、呑んで食べて一緒に遊んで・・

楽しい忘年会となりました。

清水園の忘年会は、和食洋食スタッフがお料理を作り、司会進行出し物もスタッフ、お片付けもスタッフがおこないます。

昔から恒例だったのですが、ふと、若いスタッフに外で(忘年会を)やってみたい?と聞くと・・

『よそ行くのはたまに勉強の為行くんならいいですが、これだけ盛り上げ好きなことができてみんなを楽しませれるのはうちじゃないと無理ですよね!(笑)』 と・・嬉しい言葉でした。

2018年は、全スタッフに助けられ、これからも共に歩んでいきたいと確信が持てました。手前味噌ですが、よいチームです。

今年も残りわずか・・どうぞお身体にお気をつけください・・ありがとうございました。

 

平成30年、最後のお客様は、松永建設グループさんの納会・大忘年会でした。

「お客様の心に 感動を創造する建設会社であること!」をモットーとする素敵な企業さんです。

http://www.matsunaga.gr.jp/home.html

松永建設さんの先代には、大変可愛がっていただきました。

素晴らしい方でした。毎年この時期になると思いだします。

いまフッと・・知り合いの僧侶から、故人を思いだすことが、一番のご供養ですよ、と言われたことがあるのを思い出しました。

 

その想いをお継になられた現社長さん
いつまでも変わることなく全社員さん達まで受け継がれていく様を垣間見れ
私も暖簾を守る大切さを感じました。

本日で、年内最後のお客様となりました。

明日からは年末まで、社内清掃や協力会さん達との忘年会、
お節配り、駐車場にて花売りなどなどはございますが、
今年一年、本当にありがとうございました。

ブログは、お休み中も続けます・・

 

年の瀬の慌ただしさを感じます。

歳末ご多忙の折、お元気にお過ごしでしょうか。

 

本日は、友人のお勤めする【Lawson】さんの忘年会でした。

年に一度『今年もよろしく!』と、連絡があります。本当にありがたいです。

 

幼少期からの友人で、いまはLawson開発部にいらっしゃり、数年前・・『近くにナチュラルローソンがあったら嬉しいな・・』と言った数カ月後に、なんと大宮駅から清水園の途中にある、一の宮通りに『ナチュラルローソン』が出来ました。嬉しさと驚きで、それ以来よくナチュラルローソンに通っております。

 

 

夜は、毎週恒例の清水園2階ブラッスリーシャトレーでの、{木曜日の音楽会}年内最終日でした。

今週のゲストは、都内で活躍されている『ダンディーズ』の皆さんと、素敵なピアニスト中尾博行さん。

満席御礼となり、とても盛り上がりました。

   唯文さん 片平光彦さん、滝沢行則さん、Catsuさん

ダンディーズの皆さん、ピアノの中尾さん、そして今年音楽会で大変お世話になった音響のchabosoundservicesさん

 

 

歳末のみぎり、お正月のご準備でお忙しいことでしょう・・どうぞ明るい新年をお迎えください。

 

年の終わりに向かって、ラストスパートをかけるかのように
寒さが一段と強くなってきました。

本日は、武蔵一宮氷川神社にて、武蔵野銀行奉納・狛犬奉納竣功祭・除幕式が斎行されました。

 

 

 

 

弊社社長も参列、jcomさんや各メディアの取材。

大宮氷川神社は、東京都・埼玉県近辺に約280社ある氷川神社の総本社
参道の長さは日本一、七五三の件数は日本一 、

二の鳥居は、明治神宮より奉納された木製日本最大級の鳥居、日本一。

我々地元の人間は、生まれてからずっと氷川様のお膝元で暮らし
あまりにも生活と馴染みすぎていているので、改めて・・すごいことですね。

武蔵野銀行さんは、65周年の記念行事として、武蔵一宮氷川神社さんへの奉納をおこなわれたそうです。
銀行の名前に、武蔵の国の“武蔵”とついている埼玉を代表する銀行、
他の銀行に比べ、あたたかさが感じられることで人気です。

 

 

直会は清水園でした。

武蔵野銀行頭取、副頭取、氷川神社権宮司、清水勇人さん、
皆様のご挨拶の中で、どれだけ地域を愛しているかをひしひしと感じ、その想いに感動で目頭が熱くなりました。

 

 

 

狛犬の作図から彫刻竣功のお写真

武蔵一宮氷川神社ご創建から2400年の現在、また新たに本日の狛犬奉納祭、この歴史の現場に居れたこと・・感無量です。

 

 

何かと心せわしい日々をお過ごしのことと存じます。

残りわずかの今年を、大切に過ごしたいですね。

 

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031