NPO法人全国おかみさん会研修会でした。

その前に理事の皆さんの会議でした。

 

 

全国おかみさん会栗原副理事長ご挨拶

 

清水志摩子理事長挨拶

講話は「まち・ひと・しごと」会議&日本のあり方について。
講師は、内閣府官房まち・ひと・しごと創世本部 田川事務局次長様

全53頁におよぶレジメ、「地方創生の現状と課題」

講師の先生のお人柄でしょうか、難しい内容も、大変わかりやすくやわらかくご説明していただき、終了後も質疑応答の挙手が終わらないほどでした。

 

そして、第27回全国おかみさん交流サミット in 富山氷見・さいたまについてです。
平成31年7月3日が、さいたま市清水園、7月4日は氷見になります。

交流会では、全国各地の代表が活動報告と街のアピールです。

 

まずは、松本から貸し切りバスで4時間かけて、総勢16名でお見えになられた、松本おかみさん会。

松本へおいでくださる方々をおもてなしは、街をご案内してくれる店やパンフレットをおいている印として、店先へステッカーを貼ってわかりやすくアピール
知事からおもてなし表彰をされたそうです。

川越おかみさん会は、毎月18日にある着物の日が8周年になるそうで、5月18日には着物のファッションショーをやられるそうです。

和歌山みなべおかみさん会では、3年前に開催した全国サミットのお礼、 人口減少に伴い、限界集落に指定されるという不安もある中、日本一の南高梅という特産物がある為、農業後継者がちゃんと育っているそうです。

千葉おかみさん会は、オリンピック・パラリンピックの開催場所にもなっている為の気合いのご挨拶

日本橋おかみさん会は、昨年開催したホテルオークラでの全国大会の御礼

舞鶴八島おかみさん会 設立28年になられるそうです。

氷見おかみさん会は、今年開催する全国サミットのご案内や、やる気を大アピールです。

 

北ひむかおかみさん会、宮城おかみさん会、品川おかみさん会、北見おかみさん会、くきおかみさん会と続き、

最後はさいたまおかみさん会です。
さすが元アナウンサーの小川さん、急に御指名されても落ち着いてとてもわかり易く発表されていました。
自己紹介ならまだしも・・急に街のアピールをするというのは中々難しいことです。

私が学生の頃訪れた外国で、日本や埼玉県について教えてと言われ、母国の上手なアピールができなかった覚えがあります、自分の住んでいる街の魅力は、知っておかないといけないですね。

色々と考え深い一日でした。

 

午後からの懇親会なので、清水園手作りケーキと紅茶のチョイスをお出ししました。

全国のおかみさん達のパワーを感じ、7月3日がとても楽しみです。
富山氷見・・・いつもは全国大会になるとお留守番なのですが、行ってみたいです・・・

そして、おかみさん達に、ご当地土産をいただきました。

手土産って大事だし、なんだかあたたかい・・

今回は、ご講演はじめ全国各地のおかみさん達の生の声が聴け大変勉強になりました。
労働時間の決まりに伴い、日本全体で外国人受け入れ、外国人労働者が増え、若い人達の外国人との結婚、
高齢化により、商店街の落ちぶれ、若い人は店を出さなくなり商店街がダメになっていく、
どこの街でも、空き店舗対策を、どうゆうふうに まちづくりをし、地元で商店街をどうやるか
観光客も増えてきた川越でさえ、人は賑わうが、城下町は女性が前にでれない、若い人は店を継がない、など
様々な悩み問題を抱え、今日の皆さんとの交流会で打ち明けあいました。

今日は昼過ぎから17時までの短い時間でしたので、ぜひ7月3日、4日の全国サミットでまたゆっくりと親交を深め、共に未来を

築いていきたいと思います。是非お問い合わせくださいませ。

 

東京だけではない、地方みんなで頑張れば日本全体が明るくなるのですね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする