天気予報を見ていると、全国に雪だるまのマークがたくさんです。
明日は静岡にて予定があるので心配です。

先ほど、大宮高島屋さんに伺いました。

年に一度のショコラの祭典。アムール・デュ・ショコラ

お忙しい中、副店長さんが店内をご案内してくださいました。

昨年に続き、女性ボーカルグループLittle Glee Monsterのコラボ商品

限定グッズなどいただきました♪

 

 

そして、いよいよ 2月10日は、清水園ブライダルフェアーです。

最近、日本式の結婚式が見直され、人気が高まってきております。

清水園四階にある豊明殿の神様は、大宮の地名の由来でもある 関東第一の鎮守、武蔵一の宮氷川神社を奉斎してあります。(祭神は、須佐之男命すさのおのみこと・稲田姫命いなだひめのみこと・大己貴命おおなむちのみこと の三柱)

神前式は、日本創世の神話に伝わる二神(いざなぎのみこと/いざなみのみこと)の結婚式に由来しており 神々の前で二人の結婚を誓う儀式です。

 

日本における結婚式のルーツは、二人揃って供え物を携え、村の守り神である地元の神社に報告(夫婦になります)と お願い(お導きください)に行ったことにあると推察されます。

修祓の儀 (身の穢れを祓うお祓い)

 

現在は、時代の要請という面もあり、神事全般に略式化されていますが、神々に誓う、お願いするという精神は、

今も本質的には変わっていないと思います。 豊明殿の挙式は、神々に誓うという いにしえからの精神を尊重、

氷川の杜の結婚式場に相応しく厳粛に執り行われます。

氷川大神のご利益は、夫婦和合、家門隆盛、子孫繁栄などです。

 

三献の儀(誓飲の儀) 新郎新婦が、三三九度の杯を取り交わします。

玉串を受け取り、右手は上から、左手は下から支え

胸の高さに持ち、神前の玉串案の前に進み、軽く一礼する。

玉串を時計まわりに廻し立て、左手を下げ、胸に近づけ祈念を込める。

右手で玉串の葉先を持ち、時計回りに玉串を動かし、根元が神前に向かうようにする。

二礼二拍手一礼。

 

 

 

 

 

まだまだ寒さが残ります。
どうぞ、お大事にお過ごしください。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728