店先には、ダークカラーのバックが並ぶようになり、アクティブな夏から落ち着きの秋へと向かっていますね。

私は、増え続ける本の断捨離をしようと思い・・
まずは学生時代の漫画を整理しはじめると、前回は“お~い竜馬”に手をかけ、その場で全巻読み切ってしまうという失敗をし・・
今回こそはと、slumdunkに手をかけると・・昨晩も夜な夜な全巻読み切ってしまいました。
靴やバック、ブランド品などの物欲はないのですが、本だけは捨てられないでおります・・・・・・・・

 

本日は、大宮若鳶会創立50周年記念式典でした。

大宮若鳶大久保会長式辞、ご来賓祝辞は大宮鳶職組合組合長、(一社)埼玉県鳶土木工業理事長、埼玉県連若鳶会渡辺会長、埼玉県連常任相談役、大宮若鳶会顧問清水勇人さいたま市長などその他大勢様でした。

 

式典の後は木遣・纏ふり・梯子乗り演技が清水園の玄関にて披露されました。

梯子乗りは、毎年、武蔵一宮氷川神社にて元旦の朝と、8月2日の例祭の日に、大宮駅前にて拝見することが出来るのですが・・
この度は、清水園の玄関にて行われ、私にとっても、一生の思い出となりました。

 

命綱なしの梯子乗りは緊張感溢れ、カメラを持つ手が震えました。
(今回も動画をたくさん撮ったのですが・・アップの仕方がいまだわからず・・)

鳶会さんは昭和42年に武蔵一宮氷川神社に明治天皇御親祭100年祭の記念に、梯子乗りを奉納されたそうです。
本日ご出席の大宮鳶組合さんから大変貴重な100年祭のお写真を頂戴しました。
当時19歳で、御尊父様と一緒に写られているという大変貴重なものでした

そして、埼玉県連若鳶会長と大宮若鳶会長より、手拭いをいただきました!
嬉しいです。大切にしたいと思います。

 

本日も素晴らしい一日となりました。
ありがとうございます・・・

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする