しあわせ♡のお裾分けで皆ハッピーに☆

皆様

こんにちは!

 

暗い話題ばかりで静まり返っている中

 

 

少しでもハッピーで参考になる情報を

お届けできればと思っています

 

 

本日は「🍰ウェディングケーキ🍓」の由来について

 

ウェディングケーキは昔から食べられていたのご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

 

ウェディングケーキが登場したのは

 

中世から!

 

結婚式という人生の晴れ舞台に高価だった

 

ハチミツや砂糖を使用したケーキでお祝いをしようちしたのが始まりだとか

 

初めは1段のケーキから始まりましたが

 

19世紀半ばから 背の高いケーキが生まれたんだとか!

 

イギリスのビクトリア女王の結婚式には3段ケーキが登場!

 

 

1段下は 当日のゲストへ

 

2段目は 来られなかった人へ

 

3段目〈1番上〉は 1年後の二人の結婚記念日に食べた  とか

 

 

 

現代でいうウェディングケーキの演出といえば

 

 

 

♡ウェディングケーキ入刀♡

 

 

「二人の最初の共同作業」といわれ

 

ケーキをふたりで切り分けてゲストへ振る舞うことを象徴してます

 

 

より意味合いを伝えるのならば

 

入刀後にふたりからゲストへむけてサーブをすると

 

「幸せのお裾分け」の意味合いがグッと伝わりますね♡

 

 

 

色々なデザインがいまは出来る強みを生かして

 

おふたり好みのケーキを作ると

 

一生に一度の特別なケーキとなるでしょう!!

 

 

Facebookもチェック

https://www.facebook.com/shimizuen.co.jp/

 

インスタグラムもチェック!!

https://www.instagram.com/omiya_shimizuen

 

清水園では毎日フェアや相談会を開催しています

HPもチェック!

http://www.shimizuen.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA